2012/01/04

危険な雪見

危険な雪見
危険な雪見
危険な雪見
寒さをこよなく愛する旦那の誘いで、那珂川町をぬけて三瀬の方へ雪見に来ています。

寒さで凍え死ぬかと思いきや、車がスリップし一回転半。
ガードレールにぶつかり本当に命を落としそうになりました。

家族は何食わぬ顔で遊んでますが、私はひとり車内で未だに心臓がバクバクしています。

はやくおうちに帰りたい…。

| | コメント (0)

2007/09/07

なおりました

なおりました
おどろおどろしい天井が、無事に治りました。
これで、階段を通るたびにあの忌まわしい?事件を思い出さなくてもすみそう。

一方、死んだと思ったアコーディオンも、社長が治してくれました。
いろいろな部品が曲がっていて、社長も「結構、重傷だね。」と言いながら、力づくで頑張って頂きました。
完治は無理だったのですが、とりあえず音が出るようになったので
これからは練習用アコとして、隠居生活を送っていただきましょう。

旦那も松葉づえが外れ順調です。

神様、仏様どうもありがとう!
あと心配して頂いた皆様と、社長もありがとうございました。

| | コメント (2)

2007/09/03

一夜明けた事故現場

今日から長女は幼稚園。
久しぶりに慌ただしい朝を迎えた我が家である。

お父ちゃんは、松葉杖をつきながら家を出ていったが
ふと見ると、片足は黒い皮のビジネスシューズ、片足は足首に包帯が巻いてある裸足。

???

なんか違和感を覚えた私は
「ちょっと待ちィ〜!せめて片足スリッパでも履いてったら?」と
裸足の足にスリッパを履かせ、これでよし!とひと安心して、夫を送り出した。

その話をりえちゃんにしたら
「アホやね〜!アンタ〜!・・そういうときは両足スリッパやろ〜〜!!」と言われ
自分の違和感に納得。

そして、黒いバシッとした革靴と、スリッパを片足づつ履いた、夫の姿をおもいうかべると
笑いが止まらず、2人で3分くらい腹がよじれる程笑ったのであった。

そして、笑いがようやくおさまると
「しかし、笑い事で済んでよかったねえ〜〜!」と言いあった。
階段に次女でもいたら(現場は階段の吹き抜け)、本当に大惨事になっていたところでした。


Dcf_00131
昨日の崩落現場、あれから又2次崩落が起こり危険な状況。
しかし、今日、早速業者の方に修理を依頼しましたので、ご安心下さい。

| | コメント (2)

2007/09/02

日曜日の大惨事

Dcf_0008_2

雨漏りの修理をしていた旦那が、屋根裏から降ってきた。
旦那が踏み抜いた天井は、一階まで吹き抜け。

・・・つまり旦那は2階の天井から1階の床まで落ちたのだ!!

子供達は阿鼻叫喚。一瞬、旦那はもうダメかと思ったが
たまたま置いてあった私のアコーディオンがクッション替わりになり
幸い重いねんざですんだ。

当然、アコーディオン様はお亡くなりになりました。

その日、たまたま遊びにきた旦那の母の友人、松田さんに
何を思ったのか、アコーディオン演奏を聞かせた私。
そんな事、今まで一度もなかったのに・・・・。

今思うと、あれが最後の演奏だったのだ。

今まで、私と一緒に仕事をしてくれて、私の心の支えでいてくれて有り難う。
そして最後まで役にたってくれて・・。涙

立派な最後だったよ、アコーディオンよありがとう。


さあ、これから私たち、どうすればいいのか…。

| | コメント (3)

2006/10/16

地球温暖化

地球温暖化はこんなところにも波紋を投じている。

地球温暖化

パンツ一丁で踊り狂う子供ら。
とても10月半ばの光景とは思えない…。

| | コメント (0)

2006/09/18

台風

台風


3連休なのに台風。

うちの近所は外壁がはがれたり、瓦が飛んだりしてました。

向かいのビルには、朝から作業服の人達が集まっていた。
何事かと見上げたら、窓が外れて、電線の上にのっかっているのでびっくりした。

怖い怖い。

| | コメント (0)

2005/04/21

地震もあったが娘も育ってます

この二ヶ月間、つわりで苦しんでいたのだが
ようやくつわり脱出の光が見えてきた今日このごろ。
前回の福岡西方沖地震からまるまるひと月たった4月20日にまた地震が起こった。
震度5強だったが、今回は本が三冊程棚から落ちただけですんだ。
前回の地震で地震恐怖症に陥っていた娘も寝ていたためわけもわからず終わったようでよかったよかった。

今、娘はことばをしゃべるのが楽しいようで、毎日マシンガントークで激うるさい。
朝は起きた途端に「ぐわん!ぐわん!(ごはん!ごはん!)」と始まって
「あーたん、ぐわん(ごはん)とお〜、しる(みそ汁)と〜、じゃこ(ちりめんじゃこ)とお〜
 いちごと〜、チュルチュル(麺類)と〜、、」と
食べたいものを全て語っている。
7e4320d7s_1

| | コメント (0)

2005/03/23

福岡西方沖地震

先日20日、福岡県西方沖地震が起きた。
我が家は休みで、ダンナがつわりの私(第二子を妊娠しました。)の代わりに
娘にうどんなど食べさせていた時の事である。
最初、ガタガタガタッ!としたので「あ、地震だね?」などと言っていたら
次に激しい揺れがグラグラグラ〜!!っと来た。
もう絶対に家がつぶれると思った私は「逃げなければ!」と思いつつ
側にいる娘の所まで行く事もできない。
とうとうパニックになり叫び狂う私を見て、娘もパニック。
親子で泣き叫んでしまいました。

Dscf0035_1
本や食器が落ちてきて、部屋の中はめちゃめちゃになり
外壁が崩れたりしたけど怪我もなく無事でした。
娘はいまだに地震を怖がって私から離れられない様子。
娘の前で取り乱した事を反省してます。

Dscf0040_1
外壁がはがれ落ちた我が家

| | コメント (0)